空を滑って

ぺぱぞう
26
0
0

楽曲解説

嘘をついた時の後ろめたさの歌です

歌詞

作詞:ぺぱぞう

作曲:ぺぱぞう

ゴミ溜めで泣いたのに 伸びすぎた髪を切る感じで 波へ投げたのさ 少しだけ嘆いてた 誰か覗いた気がしてる 僕は帽子で咳してる 影を追いかけて スチールの弦を弾く感じで ベランダで浮かんでる 三日月を眺めてた ストーブで温めた 悲しみは体温と 同じくらいぬるいから いがみ合う それだけ 誰か覗いた気がしてる 僕は後ろ向きに話す 誰か覗いた気が失せる 僕は帽子で咳してる 冷やかす人 自分は何を見る 誰か覗いた気がしてる 僕は後ろ向きに話す 誰も覗いてなかった 僕は帽子で咳してる

アーティスト情報

神奈川の中学生シンガーソングライター ギターも弾く。がんばる バンドもやってますよろしく

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or