歌詞

作詞:Maki Asada

作曲:Yuichiro Asada

夜明け過ぎた空に舞う 祈りの星の遺灰は 雪と呼ばれ降り注いで 絶望を埋めて隠した 聳え立った灰の城は 美しい夢のように 触れた瞬間に崩れ落ちていく 僕たちの日々のように あまりに脆く儚いんだ 縺れ解いた金の糸を 伝い続けた先には 燃えつきそうな銀の星が 最後の歌を待っていた 吹きさらしの灰の城は 美しい光帯びて 空気に還り透けて揺らいだ 僕たちを包み込んで 泣いている あまりに脆く悲しいんだ

アーティスト情報

2007年、京都結成。関西を中心に活動しているロックバンド。 インディーフォークを軸に、北欧音楽やポストクラシカルの持つ美しく壮大なサウンドスケー プとメランコリックな日本語詩の世界観を深く溶けこませたような圧倒的な音楽性で各地の 音楽好きを唸らせてきた。今までに1枚のフルアルバムと2枚のEPをリリース。2018年11月に約7 年振りのフルアルバムを発売。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or