サイレン

宮本豪
197
5
2

歌詞

作詞:宮本豪

作曲:宮本豪

最終列車 街を切り取って 取り残された気がするだけ 昨日と何も変わりのない 当たり障りのない夜だ 静かになった空を見上げては 今日の出来事を還していく ひとつふたつの幸せが明日も降りますように おとしたフリをしてそのままにしておいて 忘れたふりをするといつの間にかポケットの中 月よ嘘を吐け 僕をここに釘づけるために 月よ真を吐け 僕を明日へ押し出すために 微かな星を一つまた一つと 飲み込んでいく月の雫 朝になればすべて見えなくなってしまうのに 君も消えていくだろうに 記憶が追い付けないほどの速さで走ることは容易い だけれどあともう一度あともう一度 そうやって振り返るから進めない 凛とした空気の街に立つ 誰もがなにかに取り残されていく このままじゃ終われない 歩き出す 月よ先を照らせ 薄明りの中に希望がある 月よ退路を絶て ここからを生きていく 月夜の終わりと共に夜明けが来て星は息絶えた 道を行くんだ 記憶の中に君はいない 今日に 明日に 未来にしか僕らはいない

アーティスト情報

1995/05/27 東京からは離れますが、青春の弔い合戦は終わりません。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or