Giddy Up

ARARYOZI
10
1
0

楽曲解説

「Giddy Up」とはカウボーイが馬を速く走らせる時に放つ言葉です。 嫌なことばかりで弱音を吐きそうなときも自分を鼓舞し、若さや勢いに任せて身を投げ出そうという思いを込めました。 夢を追う人々に贈る応援歌になってくれればと思います。

歌詞

作詞:ARARYOZI

作曲:ARARYOZI

夏の茹だる日差し退け、乾いた胸満たす風が吹いた 張り付く髪かきあげマジで不満そう 吐き出しそうfour-letter word 指先から吹く小さな太陽 燃え上がるぜまるでパイロ 日焼けるとかそれ以上の問題 まじないとか傘ないとかそんなの関係ないから踊る 若いうちさ今が花だし咲け すったもんだ うるせえな お口にチャック つべこべなし 飛び込んだら勝ち 宴だもん 昼間から そのオリオン 掲げろもう 輝く星 ひらひらと舞う宙に木の葉でなく 諭吉でなくその手のひら Giddy up, Giddy up, Giddy up now. Giddy up buddy ワッターシンカー Giddy up, Giddy up, Giddy up now. それが鍵 開け扉よ 生まれも育ちもこの島さでも彼女の憧れハリウッド 舞い踊る夢のスポットライト いざ進め空は一つ 俺が決めたその道は 誰にも真似できないWhole New World 聞こえてますか?Kimosabi with us 駆け抜けてく速さはLike a Lexus どこまでも上へ

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or