炭酸

sheeptwarp
83
0
0

歌詞

作詞:れみりあんぬ

作曲:れみりあんぬ

ソーダの弾ける音が 静けさを強調する 二人の目線はもう 違うところを向いていた 感触が遠ざかって ゆっくりと君の感覚が 見えなくなっていく 不透明な言葉に飲まれてしまう 弾く感情は流れる水滴のように消える 君は不透明な透明の少女になってゆくよ 感触が遠ざかって ゆっくりと君の感覚が 鋭角になっていく 確かな一言が私を強かにする 灰色も越えて生きたいよ 叫ぶ想いは 流れる水滴のように消える 君を忘れそうなくらい 彩で満たして進んでいきたい 弾く感情は流れる水滴のように消える 君は不透明な透明の少女になってゆくよ

アーティスト情報

三重県産のマスポップロック。 ポストロック、シューゲイザー等の要素から、女子エモの声質メロディを重視し、時にハードな一面も存在する。 ギター、ベース、ドラムの最小編成での変拍子が織り成すバンドサウンドと透明感そして力強さを感じさせるヴォーカルがベストマッチ。 今までにあったけれど、無いような切り口で、三重・名古屋を中心に活動している、sheeptwarp(シープトワープ)をお聴き逃しなく!!

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or