magic hour

いちやなぎ
0
0

楽曲解説

今作はなめらかな特徴的な歌声と賑やかなバンドサウンドで、誰しもが浮き足立つ帰宅時間をイメージした楽曲となっている。バンドサウンドによる楽曲リリースは今作が初となり、これからの音楽活動に広がりを見せる1曲となった。 レコーディングエンジニアにはHomecomings、DENIMSなどを手掛ける荻野真也、ジャケットワークにはサイキナオを起用。 『1日の役目を終えてすっきりとした気分で町を歩く。 太陽は眠たそうに目をこすり、夜はすぐそこで肩慣らしをしている。通り過ぎていく風景はキラキラと輝いていて、からっ風がスキップを誘う あなたを待っているのは、だれなんだろう。なんだろう。 今はまだ明日のことは考えなくていい 今日が終わった喜びを胸いっぱいに』

歌詞

作詞:一柳 努

作曲:一柳 努

この世界は何色なんだい だれもかれも楽しそう  柿色の空赤く染まった通り 君の心を七色に変える 今夜を放りたい君の腕の中で生きたいと思う そう思うほどに揺れる揺れる心時計の針のよう まだあたたかい胸の中はこんな夜をくぐり抜けて この世界は誰のものなんだい だれもかれも悲しそう 遅れてきたバスに飛び乗って ビルをくぐり抜け おうちへ帰る 今夜を放りたい君の腕の中で眠りたいと思う そう思うほどに揺れる揺れる心を時計の針のよう まだあたたかい胸の中はこんな夜をくぐりぬけて 過ぎていく景色とめくるめく思い出を重ねあわせる 今夜を放りたい君の腕の中で生きたいと思う そう思うほどに揺れる揺れる心時計の針のよう まだ暖かい胸の中はこんな夜をくぐり抜けて

アーティスト情報

京都を中心に活動するシンガー・ソングライター。 いちやなぎが唄うと、風景に靄がかかる。 誰もが持ってる淡い夏の思い出を唄う、透き通った声と言葉に中毒者が続出中。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or