アオムシ

yumizomi
32
3
0

楽曲解説

春は出会いと別れの季節。 しかし、この曲は人と人との出会いや別れではなく、過去の弱い自分から前に進もうとする気持ちを表現しています。 最初は誰でもアオムシの様に小さく、目立たない事が多いと思います。 新たな挑戦を目指す方へ、自分の殻を破り自信を持って羽ばたいて欲しい。そんな想いを込めて作りました。 この曲を聴いて誰かの自信に繋がる事を願っています。 yumizomi.

歌詞

作詞:yumizomi

作曲:yumizomi

弱虫な私にさよなら 暖かい春が、もうすぐそこに来ているだろ ねむけまなこの青虫幼虫 風に飛ばされてゆらゆら飛んでいったの なんか、あの頃の誰かみたい。 そっか、私もそうだったのか。 いつの間にか笑えてたのは背中に 羽が生えたから あーでもない こーでもない 言うまえに 弱虫にさよなら また会うことはないだろう 言いかけた言葉をつまらせては 伸ばしたこの羽も 春風に飛ばされちゃう ネガティブな青虫は そこにころがってるよ 弱虫なあの子も旅に出る 暖かい日差しがあなたの道をてらす ねぇ そろそろ動き出す頃でしょ? 風に飛ばされてゆらゆら飛んできたの なんか、桜の花びらみたい! そっか、暦も変わったのか。 いつの間にか色づいていたこの羽を むだにはしないの! あーでもない こーでもない 言うまえに 泣き虫にさよなら また会うことはないだろ つかみかけた空はあまりに遠く はかなく飛ばされて 落ちこむこともあるけど ネガティブな青虫は もうそこにはいないよ もう変わったんだ さよならしたんだ もう戻らないんだ 弱虫な青虫 泣き虫な青虫 全部キライだ さよなら さよなら あーでもない こーでもない 言うまえに 弱虫にさよなら また会うことはないだろう 目の前に広がるこの世界は あまりにももろく くされることもあるけど ネガティブな青虫は ちょうになって笑った

アーティスト情報

栃木県出身シンガーソングライター。 【YouTube】https://t.co/xuslrLk14y 【stand FM】https://t.co/DIjCmfRh0a

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or