歌詞

作詞:丸本 拓未

作曲:丸本 拓未

そう 触れたら 消える あの雪のように ああ 君の 存在は 白く透き通った 曖昧なネオンの 路地裏を抜け出して 鈍色の世界が 虹色に染まってく 少年の声は 膨らんでそれて 弾けて 消えた 賑わう街を ドレスシューズならし 少女は舞い踊る 今日もまた この街は変わらず お祭り 騒ぎさ 君はまた 待ち合わせなんて もう忘れてさ そう 触れたら 消える あの雪のように ああ 君の 存在は 白く透き通った ため息は二秒後に 姿を隠した 今もまだ この街で流る アナログな メロディと 粉雪に 半分の肩を 染めたなら ねえ 触れたら 消えた 雪の行き先を ああ 君に例えてたら 馬鹿らしく思えたんだ 不安そうな僕の声色が 壊れたレコードみたいだねって 君は呟くと 消えそうな 細い指の先で 傘を 右に寄せたんだ この街のパレードは まだ終わらない

アーティスト情報

名古屋で活動中ノスタルジックポップバンド

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or