Twilight

Subway Daydream
60
1

歌詞

作詞:ひろし

作曲:ひろし

消えかけた言葉を ひとつひとつ数えて ぽつりとこぼれるように 地下鉄でひとりきり ぼんやりベンチにもたれて 最後のベルが聞こえたら 街に出よう まぶしい心で 暗がりも照らすほどに 消えた灯りをつけて 夜風に飛ばされそう 迷子のままのわたし うわのそら 気がつけば 点滅した信号の下 街の灯りがすべて消えるなら 旅に出よう まぶしい心で 悲しみさえ 忘れたいのに 夢の帳 目を覚まして ふとあなたのこと 思い出してしまう予感 心曇り 夜を越えて行く あなたのこと 全部教えて欲しい

アーティスト情報

2020年大阪にて、双子の藤島兄弟と幼馴染のたまみとKanaによって結成。80〜90年代インディ/ オルタナティヴの影響を受けたサウンドに、イノセントな男女ヴォーカルとどこか懐かしいグッドメロディが魅力の4人組バンド。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or