liberty

SOFTTOUCH
1
0
0

楽曲解説

夢のある雰囲気の曲を作ろう!と書いた曲です。 当初はギターのストローク一本調子のシンプルなアレンジでした。 プロデューサーの後藤くんよりアドバイスをいただき、 イントロにGt山田くんのアルペジオと、全般にPAD系のシンセを入れました。 より、ドリーミーな雰囲気に近づいたと感じます。 この手のテンポで4つ打ちを採用すると、一般的には裏打ちも入れますが、 あえてそれを入れないDr星野くんのジャストドラミングに男気を感じています。 「夢のある雰囲気」という表現、なんだか曖昧な形容ですね。 豊かな和声・倍音が作用して醸し出される浮遊感がそれだと思います。 なぜ夢を求めるのか? 10〜20歳代の自身と今を比べると、 現実を受け入れることに慣れ、夢を見づらい。 むしろ、夢を見ることに抵抗すら感じる瞬間もあります。 でも、そんな日々をやり過ごすだけでは勿体無い。 そんな卑屈な自身を解放したい。 改めて、自分はもっと<自由でありたい>と思い「Liberty」を書きました。 しかし、歌詞に夢という単語は使用していません。 夢のある雰囲気に、自身の想いを馳せることで、 この願いは叶うと思っています。

アーティスト情報

佐野史紀(Vo&Gt)、山田真一(Gt&Cho)、渡辺大介(Ba&Cho)、星野誠(Dr&Cho)から成る4ピースバンド。 略称「タッチ」。1998年秋 昭和音大の仲間を中心に結成。2000年冬1stアルバム『Positive Thinking』でデビュー。2002年春1st EP『セイリョウカンベットタウン』発売。同年秋2nd EP『エンドマークタワー ep』発売。2003年春解散。 2007年春『セイリョウカンベットタウン』と『エンドマークタワー ep』を重ねた2in1アルバム『SOFTTOUCH』発売。 2016年夏、活動再開。 2018年、後藤正文 (ASIAN KUNG-FU GENERATION) 主宰のレーベル "only in dreams" より、後藤正文 と井上陽介 (Turntable Films / Subtle Control / Peg&Awl)がプロデュースを手掛けた3rdアルバム 『リビルド』 を11年振りにリリース。 「解放」と名付けた自主企画を開催。 2018年11月30日「解放 #3」下北沢basementbarにてワンマンライブを行う。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or