滄海

Nozomi Aoki
21
0
0

楽曲解説

Nozomi Aoki - 滄海 from 3rd EP "氷雨と滄海" ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― 今作は歌唱や歌詞、作曲のみならず、編曲、ミックス、アートワーク、MV作りまですべて一人で行う「DIY系シンガーソングライター」を自称するNozomi Aokiの3rd EPである。 表題曲「滄海」から始まる今作は、エレクトリックとオーケストリックを行き来しながらポップスとオルタナティブの垣根を厚いコーラスワークを軸として縦横無尽に飛び回るものとなっており、前作のアルバム「C」までの自身の作風のみならず既存のJ-POPの流れに異議を唱えつつ、ラテン、エレクトロニカ、ピアノバラード、ジェントなどの多様なジャンルを曲ごとに用い、しかしあくまでも全体的には「オルタナティブポップス」としてあろうとする姿勢がより顕著に表れている。 ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― Nozomi Aoki 3rd EP "氷雨と滄海" 2019/12/13 リリース 1. 滄海 2. Secret 3. ナギノヒ 4. Be Independent 5. ニゲラ 6. 氷雨 全6曲 各種配信ストアにてダウンロード・ストリーミング配信開始予定 AmazonでのCD販売はそれ以降での予定となっております。

歌詞

作詞:Nozomi Aoki

作曲:Nozomi Aoki

水面に浮かぶ水泡のように 生まれては消えていく 波動 鳴り響くサイレン ただSilenceの中 セイレーンの歌声 響く 無闇に悲しませないで 安直に笑わないで 航海の日々をダイジェストになんて 諦めたみたい 冒涜を受け入れないで 感傷を愛してみせて 滄海の一粟に宿したマストに帆を張り続けて 文字の海と言葉の霧の間に 掴みとれない蠢きがあることを 恐れないで 躊躇わないで 無闇に悲しませないで 安直に笑わないで 航海の日々をダイジェストになんて 諦めたみたい 冒涜を受け入れないで 感傷を愛してみせて 滄海の一粟に宿したマストに帆を張り続けて 大海原を往け 嵐の夜も 凪の中も ひたすら往け 果ての港まで

アーティスト情報

2019/04/17 New AL「C」リリースします。 よろしくお願いします。 DIY系シンガーソングライターやってます。 作詞・作曲・編曲・ボーカル・インスト・ミックス・アートワークまで全部ひとりでやるタイプの。 ネット中心に、たまーに横浜・渋谷・下北沢などでやります。 Drummer, Aiver(Drs. / Arrangement / Compose), Composer, Singer-songwriter / 作編曲、ドラム依頼などお待ちしております。 HP(Tumblr):https://t.co/2unPOZighG

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or