波打ち際に

カムズクラブ
1
0

楽曲解説

夏の曲

歌詞

作詞:松本和也

作曲:松本和也

朝の匂いに包まれて思った それは既に青が光る季節が来てると 8時のチャイム 自転車のベル 風の音に混ざっていく 平凡な日々よ 傍に広がってく渚を見渡したら 懐かしい気持ちになり 僕の記憶さらうよ あの日君が居たら 全てが変わったのかな また明日になれば 新たな風が吹くのかな 静かに浮かぶ 名も知らぬ花 波に飲まれるように僕に背を向け 消えた あの日君が居たら 全てが変わったのかな また明日になれば 新たな風が吹くのかな

アーティスト情報

「つむじ曲がりサウンド」をコンセプトに2015年4月結成。 歌謡曲やファンクまで様々な色を混ぜ合わせたグルーヴポップバンド。 神奈川県、東京都を中心にライブ活動中。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or