朱に染まる

ノエリア
1
0

歌詞

作詞:岩本拓也

作曲:岩本拓也

彼方で朱く染まる記憶 鼓動を乗せて疾る俥は この身を呑み込んで 刹那の中へゆく 泣き続ける街、忘れられぬ唄 脳天に渦巻く 持ちきれない ごく有り触れている想像で壊してよ 触れて溶ける蜃気楼 この胸に突き刺さる言葉 まだ寝ても覚めても、答えを探している   飽和した思考 ゼロに解けていくんだ 朝を迎えよう、この身が露と消えてゆく前に 息が詰まるほど今が惜しい 素直にそう言えたら 最果てで鳴っている音 不鮮明を掻き消す情景が 呑まれた身を照らし答えを示している ただ朱く染まる記憶 そっと綴じて、消えそうな夢の中へと

アーティスト情報

激情の美しさを求めて。京都発4ピースロックバンド。 Vo,Gt. 拓也 Gt. 稔 Ba.慎哉 Dr. 祐人

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or