アテレモ
163
6
0

歌詞

作詞:たくみ

作曲:たくみ

前歩く人を見ていた 足跡を辿るように 刻んでいく軽快なリズムが ずっと続いていた 投げ出すことは簡単でさ 積み上げ途中でもいつだって ふらふら 行く先は風が教えてくれるよ 後に回していた通過点がずっとそこに あるだなんて思っていたんだ 当たり前にまた遠ざかって 昨日とは違う自分がいて 何を見据える 変わらずに来る明日の中で 笑っていよう 君と僕は お願いだ 変わらない君を想う 二回顔叩いて気合を入れて 三回叩いて気分を上げて 四回叩いて気を取り直して 落ち込んでいたって始まんないよ そんなことわかってる したっけもっかい行ってみようぜ 手を上げてほら届きそうな 近付いていくこの距離が なんだか愛おしくて いつだってほら 近くにいる君を見てたら思い出すよ 繋いでいたミドリが途切れないように 「ありがとう」の意味を調べた 一つじゃなかった 数えきれなかった きっとこれからも きっと君に 見失ってもわかるように 君の居場所がわかるように 手を叩いて 当たり前がまた遠ざかって 泣きじゃくっている自分がいて それでも生きて行くしか無いんだって 変わらずに来る明日の中で 笑っていよう君と僕で これからも繋いでいたいから

アーティスト情報

下北沢発 寒色系暖色バンド

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or