みずてっぽう 〜命のバトン〜

川村いさみ
2
0
0

楽曲解説

「今の時代がどれだけ平和か、それを伝える歌をいつか 作って欲しい。そう言われたあの一瞬が忘れられない。 靖国神社にお参りに連れて行って貰った時だったんです。 我々が今平和に暮らせているのはいろんな過去があるん だと、、、、教えてくれた。だから全てに感謝なんだと。 おっきくて、複雑で、自分には難しすぎるテーマだった。 2018年 岡山の大豪雨による災害。 真備町に支援物資を持っていく機会が訪れた。車で運転 で、、神奈川から岡山、、えーーーーー、、なんて実は 思った俺。。2トントラックにたんまりの水、扇風機を 積んで向かった。 着いた先で、頼まれたのは、被害にあった子供達と遊ん で欲しいとのこと。 その時、みずてっぽう を、人数分与えられ、20人くらいで、びしょびしょになった。 そして岡山からの帰り道のトラックの中、ふと、感じたのは、当時、命をかけて戦うことを美徳とされ、文句の一つ言え ず、それぞれ、想いを胸にだけ抱え、祖国の家族、恋人には、心配しないでくれと、誇りに思って飛んでいきますと、 手紙に綴った、若者たちが、こんな光景を見たら何て思うのかな、、、、って。 人を痛めつける道具を、模倣したもので、水を発射して打ち合い、大人と子供が遊んでる。 もしかしたら、怒るのかも、もしかしたら、羨ましがるのかも、、 そしてこの光景こそが、例え、災害にあった子供達だとしても、命は守られ、夢中で遊んでいられる。 平和 そのものなのかもと。そんな体験からやっと、作れた歌。 この歌わせてもらったとき、知らない おばあちゃんが、ありがとね、と、涙ながらに伝えてくれたことがあった。 聞いた子供達が何を思うか、この平和を当たり前ではない特別なものと思って、生きていくことができたらいいな。」

歌詞

作詞:川村いさみ

作曲:川村いさみ

それはちょっと前のこの日本で 信じられないことが起こっていた 家族と引き剥がされて 子供達は戦場に行った   悲しみを抱えて だけど口には一切出せず 遠い家族の写真をお守りにしたって 生きて帰れる保証 どこにもないのに   人の命はなんで? 花びらなんかじゃない   誰かのために散る人生じゃない だけど どうして? 自分で 散っていく事を選んだのは子供達 きっと命を懸けて 未来に教えたのさ 僕らが今 生きている日常の尊さを 無駄にしないで 君の命の為に 消えていった尊さを これをちょっと想像してくれよな 水筒に弾丸が当たったら 飲めるものはもう何もない 生き抜く術は一個 飲むぜ自分のおしっこ   重い荷物を抱えて だけど食べ物一切も無くて 遠い家族への 手紙には元気だと書くよ 心配かけちゃさ 可哀想だから   人の命はなんで? 花びらなんかじゃない 誰かのために散る人生じゃない だけど どうして? 自分で 散っていく事を選んだのは子供達 だから命を懸けて この未来を生きよう 僕らには今 何よりも懸け替えのないものがある 胸に刻んで 君の命の為に 消えていった尊さを 最後の一滴を分け合って 戦場に向かった彼らが みずてっぽうで遊んでる 今の僕たちを見たら どうおもうかな? きっと きっと 一緒に遊びたいなって 思うだろうな 人の命はなんで? 花びらなんかじゃない 誰かのために散る人生じゃない だけど どうして? 自分で散っていく事を選んだのは子供達 きっと命を懸けて 未来に教えたのさ 僕らが今 生きている日常の尊さを 無駄にしないで 君の命のために消えていった尊さを その命の為に 祈りを、、

アーティスト情報

10年以上バンド RABUTORAのフロントマンとして、ギターボーカル、作詞作曲を行う。 2013年 深夜音楽番組 アジア4カ国のインディーズバンドのコンテスト フジテレビの ASIA VIRSUSで、マンスリーグランプリになり、日本審査員Gakt さんに、 MCはどうかと思うが、音楽には感動した。と、コメントもらったことがあります。 また、 地域に寄り添った歌を作ることを始め、 全国15カ所の町おこしソングを提供してきたことがきっかけで、 2015年 パチンコ 餃子の王将3. 2019年 パチンコすしざんまい、 にも、楽曲書き下ろし提供も行ってきました。 その他、女性シンガー、パラリンピック公式協議、岐阜県の高校野球テレビ放送のテーマソング、福島の情報番組のコーナーへ、多数楽曲提供もしてきております。 音楽は普通は嗜好品でしかないだろうけれど、 やりつづけるなら、生活が潤っているひとの娯楽 である前に、衣食住と同じくらい必要とされるところまでの作品を作り、聴く人を勇気づけたい。 持論ですが、 食べ物はみんなでわけると 1人の取り分が減る、 音楽は減らない、寧ろ、楽しさが増す。 その歌を覚えて仕舞えば誰でもお金をかけずに、気持ちよくなれるから、最高の芸術だと思ってます。 自分の人生から、人に向けて、何か言えることなんてそう多くはないと気づいた時、 人から歌を書いて欲しい という話がくれば、基本受けようと思ったので、続けていたら、 現在、15曲の町おこし(餃子で町興しを図っている)ソング を、提供しております。 その活動が各町の人達に認められて、 宇都宮の山野楽器さんが作った、世界で一本の餃子ギター が、私のもとに来ました。 この餃子ギターにも、沢山スポットライトを当ててあげたいです。 自分にしかかけない歌で、人を幸せにしたいです。 舞台はどこでもいい、招かれた場所が、自分の演奏する場所だと思っています。 楽曲提供経歴 映画 2011 肉食系女子の春 劇伴 全inst担当 2014 死の実況中継 主演 能條愛未(乃木坂46) 『ソメイヨシノ』 『想い厭ワズ』 『誰が為のげんこつ』 『Peoples Lost』 女性シンガー 2017 結城リナ 『スーパーミラクルライフ』 2020 万里慧 『宇宙のまち大樹町〜ロケットに夢を乗せて〜

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or