No friends

Adler
267
4
0

歌詞

作詞:石河尚修

作曲:石河尚修

銀色の東京 全てが眩しく見えるのに なぜか鬱陶しいんだ 私も辛い だからなんだって言うんだよ あなたの苦しみまで背負えないから 銀色の東京 ビルと黒いカーテンと街灯 取り囲むもの あなた以上に背負ってることがあるんだ でもそれは僕の底だけにあるもの あなたは綺麗なままでいいのに このまま自身を汚すんだ そんなことより 僕は僕で精一杯なのに あなたが視界に入ってしまうな 狭い心がいつまでも息苦しくて あなたは綺麗なままでいいのに 撒き散らされないように 留めとくよ 僕はらしくいればいいのに もう一度リセットしようか センター街も彼らの吐露で溢れている 息ができないな 言葉にしてしまうことで 失われる意味がある 世に出せるものさえあれば 大丈夫 まだあなたは

アーティスト情報

都内中心で活動中のロックバンド、Adler(アドラー)。2018年結成。 チケット予約はオフィシャルウェブサイトまたはTwitterにて受付。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or