愛想笑い 初音ミクver

安部朋哉
4
0
0

歌詞

作詞:安部朋哉

作曲:安部朋哉

空に浮いてる寂しい心 流れ着いてく群れの中へと 君は矛盾の笑顔を作る 口に出す言葉は息をしていない 自分を殺して幸せだろうか 心の隅泣き出しそうな想いを 声に出せないでいるね怯えているんだね 沈む夕日に本音呟いてみても その笑顔は曇り空から晴れない 孤独を恐れ誰かにすがり YESを繰り返す無駄な日々の中 誰かのための自分じゃないだろう 心の奥眠る大切なものが ほんとの姿の君を動かしてくれるさ たとえ独りでもなにも恥ずかしくないよ 胸を張る勇気を忘れないでゆけ 過ぎてく時の早さを感じて 何をしたいのか胸に刻み込む 心の隅泣き出しそうな想いを 声に出せないでいるね怯えているんだね 沈む夕日に本音呟いてみても その笑顔は曇り空から晴れない 心の奥眠る大切なものが ほんとの姿の君を動かしてくれるさ たとえ独りでもなにも恥ずかしくないよ 胸を張る勇気を忘れないでゆけ 自分だけの歌を叫んでゆこう

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or