楽曲解説

平成最後の夏に作った曲です。 なんの最後でもないし、全然世の中の状況は変わりなくなくて、お祭りもないし、花火も中止のところが多いけど、でも夏は変わらず今年もやって来るな、当たり前だけど。とか思ってます。 少しでも涼しい気持ちになってもらえたら嬉しいです。

歌詞

作詞:阿部有那

作曲:阿部有那(マシュ論)

夏が今年も 変わりなくやってきたよ 蒸し暑い教室 撫でる扇風機の風 ああ心地いい 気づけばいつだって 眠りに落ちているんだよ 目覚めの気怠さ 汗ばんだ首回りに ああ気持ち悪い 窓から見える青空 入道雲を眺めた シャーペンのカチッとなる音 ノートに書いては消す落書き ふと時計を見て 残りの時間を計算した 最後になるから 最後になるからって だからなんだって話だけど ああ夏の匂いは 少し頭悪くさせて 私を何処かへ連れて行こうとする 嫌いだよ嫌い だけどだけど少しだけ だからどうだってわけでもないけど ああ夏の空気は 少し頭悪くさせて 私を誰かに変えてしまおうとする ああ 風の流れ 目を閉じて 息を吸い込む

アーティスト情報

あべゆな、19歳。子どもにも大人にもなりきれない時期の、複雑に揺れ動く気持ちを等身大の歌詞で表現する。私と聴いてくれているあなたが一歩でも前に進めますように。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or