飛び込むヒトヘ

やうちまりな
46
1
0

楽曲解説

人身事故で運転見合わせの電車の中で作った歌 次の世界では生きてね

歌詞

作詞:やうちまりな

作曲:やうちまりな

「飛び込む」なんて思ったことないけど 駅のホーム 朦朧とする視界の中で 「飛び込む」なんて思ったことないけど 飛び込んだら楽かな なんてさ 痛いし、怖いし、バラバラになるし どうせ死ぬなら一人静かに消えてよ こんなにも世界を困らせてさ 理解できないと思ってたのに 最期ぐらいは誰かに見てほしかったんだよね 最期ぐらいは誰かに見つけてほしかったんだよね 最期ぐらいは誰かに迷惑かけたかったんだよね 最期だからさ 「飛び込む」なんて思ったことないけど 1番線のホーム 電車の風で我に返る 「飛び込む」なんて思ったことないけど 飛び込んでもいいかな なんてね しないよ、そんなこと わかってるよ、言われなくても だって私は、そんな勇気ないから しないよ、そんなこと わかってるよ、言われなくても だけど、きみは、むこうをえらんだんだね 最期だからさ、勇気を振り絞ったんだよね 最期だからさ、世間に反発したかったんだ 最期だからさ、自分の意思で決めたかったんだ 最期に君は... すごいね、きみは その一歩を踏み出したんだ 誰かに押されたわけでもなく すごいね、きみは その勇気があるんだ だから大丈夫。 次の世界では ″死なないで″ ″生きてよ″ その勇気で ″生きてよ″ ″生きてよ″ 君がこの世界で最後に見せつけたその勇気が 何よりの証だ。忘れないで悲しさ

アーティスト情報

愛知県在住。シンガーソングライター。愛称:うちまり。 『仕事に病んで24歳でギターを始めて、25歳で歌い始めた人』 元々、高校・大学と音楽とは無縁な生活、いたって普通に就職したものの、配属された飛び込み営業職に心を病み、社会から離脱。仕事のストレス解消にと始めたギターをきっかけに、今まで縁のなかった音楽の世界へ踏み込む。 日常で感じた「嬉しいこと」「辛かったこと」をポップなメロディに載せてまっすぐ歌う。 仕事に疲れて人生嫌になった人に聞いてほしい歌があるよ。 2018年春、活動スタート 2018年秋、1stオリジナルCD「落ガキとメロディ」リリース 2019年春、栄ミナミ音楽祭‘19 初出場

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or