クラス対抗リレー

齊藤信幸
16
0
0

歌詞

作詞:齊藤信幸

作曲:齊藤信幸

クラス対抗リレー 渡されたバトンを握り締め 君がコーナーをまわってくる ほこりっぽい土を蹴る足は まるで羽が生えているようだ 知らない人たちまでがみんな 君の名前を叫んでいるよ 暖かな初夏の風に乗って 君に届いただろう まるで土に蓋をしたような 場所ばかり歩いている足が 思い出し始めている つま先で蹴る土の感触 拳を固く握り締め ただ見つめる私の前を 向かい風を切り裂きながら 君が駆け抜けていく 思えば生まれたものはみんな いずれは土へと返っていく 君を受け止めては送り出す その土もかつて命だった 金で価値が量られるものは 流行りが終われば行き場もない 生まれたときは知っていたこと 思い出させてくれた 次の走者にバトンが渡る 抜くことも抜かれることもなく 君の役目は終わっていった たかだか10秒余りのこと それでも明日からの君にバトンが渡るのが見えた シャツの泥まで輝いてた 6月の陽を受けて 駆け寄る友達に囲まれ 君が見えなくなった

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or