冬の街

clover&lovebeat
14
0
0

歌詞

作詞:高橋一樹

作曲:高橋一樹

とある、小さな街中の大きな木の下で君を想ってるよ 深く深く積もる気持ちは 不器用な僕には伝えられないかな あたりを白く染める雪 心までも染められそうだよ 空に消える ため息も君に届くはずもないよ 綺麗な街明かりは 突然に 必然に 君を思い出す 恋焦がれたあの夜も 白く ときめく 冬の街で 相も変わらず、歳をとった大きな木の下で、君を想ってるよ ひらり舞ってる、むつの花は少しだけ僕の心を悲しくさせるよ いくつ冬をこえたのか、、 まるで君が幻だったのかの様に 微かに残る記憶さへ 消えて、なくなって しまいそうだよ 綺麗な街明かりも 少しづつ しだいに 消えるのだろう その時が来たとしても 儚く 静かな 冬の街で 雪は止み 灯はきえて 凍えそうな手に息を拭く 最後の最後に諦めてしまうような 勇気はないよ 少し眠ろうか、、 少し素敵な夢をみよう、、 小さな街だからきっと会えるよ また君に、、、 冬が終わる頃に 突然に偶然に 君の微笑みが、、、 なんてああたかいのだろう 白くときめく 冬の街で 白く  輝く 冬の街で

アーティスト情報

今年から結成したバンドです! ぜひフォローしてください!

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or