AWAY short ver.

Loafer
96
1
0

歌詞

作詞:水村宏輔

作曲:水村宏輔

夜空に金の船が見えたから 届きそうな気がして 走り出した 知らない街へ出かけて スタバを見つけたときの その何とも言えない喜びに似た そんな気分でハンドルを切って 国道4号線の途中 草加を超えた辺りで 突然 ざあざあ降りの雨が降って あの船は雲の向こう側へ 何かに追われている気がしてた 何処まで行くんだろう? 時間の浪費? 信じ続ける意味を 疑って悩んでいる バックミラーばかり気にしていたら オリオン座に見られていたんだ 手を伸ばせば届く距離は 思っているより遠くて アルバムはもう何周目だろうか? もうすぐ朝が来てしまいそうさ 夜の海に停泊した 船へ続く光の橋を 渡る心の皆が 照らされた 夜空に金の船が見えたから 届きそうな気がして 走り出した

アーティスト情報

歌ものRock & Pops。埼玉を中心に活動しているバンド。 Loaferとは日本語で「怠け者」という意味です LINE@で未発表曲公開しています ID @srp0057m

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or