アオゾラ

Paranormalizer
8
1
0

楽曲解説

青空のように突き抜けるような爽やかさと疾走感のある曲です。

歌詞

作詞:Paranormalizer

作曲:Paranormalizer

この世界の片隅で 君は何を思い、何を語る? 誰かが零した希望を 搔き集めてるだけの人生 「見えないモノに気を配れ」 「見えているモノなど当たり前」 それでもまたどこかで人は 羽が欲しい余り、堕ちていく 思いがけず消えた光 手にした幸せの賞味期限 その全てを積み上げて 僕達は未来を生きていく 言葉にできない思い 心の底で枯れないように 何度も叫んで見せるんだ 空の果てまで、届け 「優しさ理論」それだけじゃ どうしようもないことがあるんだ 両の手で包んだ地球儀 「ひとつになる」ことは正解か? 降り注いでく誹謗中傷 片手に握られた僕の命 戦わずに逃げることは 悪い事ではないだろう? こんなにも溢れる思い 心の奥で腐らぬように どんなに遠くても走るよ 世界の果てまでも 言葉にできない思い 心の底で枯れないように 何度も叫んで見せようか この身が果てるまで 始まった日常 狂ったダイヤ 苦し紛れ 作り笑い 自由か?不幸か? それとも普通か? 「これから」は僕等が決める

アーティスト情報

音楽が好きな高校生。GarageBandで作曲してます。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or