blue.

lilil
1,095
39
1

歌詞

作詞:lilil

作曲:lilil

さみだれの朝 窓ガラス越し 雨の音には 雲ひとつないのです 穏やかな街 君の声探すだけ 隣には 傘 さした自分がいた 頼りない言葉をかけていつも一人みたいに 今はまだそれでだけで自分を誇れるのに 干からびた工程は 意味を持たないまま 涙だけ一人前にこぼせるんだ 雨になって 風になって 声になって 宙を舞って 嘘つけない ようになって 黙って落ちた 雨になって 風になって 声になって 宙を舞って 嘘つけない ようになった これが本当の自分だと気づく さみだれの月 笑うのは君 一人ならまだ 悲しくはならないのに つまらない言葉を並べ いつも一人だけだと 無くしかけた傘を持って一人また帰るの 干からびた優しさで誰かをなぞって うわべだけ一人前に笑ってるんだ 雨になって 風になって 声になって 宙を舞って 嘘つけない ようになって 黙って落ちた 雨になって 風になって 声になって 宙を舞って 嘘つけない ようになった これが本当の自分だと気づく

アーティスト情報

(19) DTMer

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約および個人情報の取り扱いを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or