乾杯(デモ音源)

むぎたか
44
0
0

歌詞

作詞:紬

作曲:おーたかさん

真夜中のポケットで震えた携帯 通知を知らせるその合図は 何かが変わることを告げていた ずっと焦がれて 溜息をつき ずっとどこかに 貴方がいて どうしようもなく 揺れていた このベッドに並んだふたつの枕が 雨に打たれたように濡れて 悲しみと幸せの雫が枯れる頃 君の隣にも 私の隣にも 誰も居ないだろう ふたりで見てきた景色の記憶に アルコールを染み込ませながら ふたりは未来へと消えていった ずって願って 叶わない ずっと会いたくて 会えたんだ どうしようもなく 言えなくて このベッドに並んだふたつの枕が 雨に打たれたように濡れて 悲しみと幸せの雫が枯れる頃 君の隣にも 私の隣にも 誰も居ないだろう ふたりの未来はないけれど それぞれの未来でまた会おう

アーティスト情報

むぎたかです 二人で音楽作ってます 個人のTwitterのアカウント 紬(@tsumugi_373_HtO) おーたかさん(@OTAKAKOKI )

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or