ベランダ

宮本豪
52
2
0

歌詞

作詞:宮本豪

作曲:宮本豪

あさ泣いて よる笑って よる泣いて あさ笑った ずっとここにいたかったな ねえ 聞いて そうさ だってもう再生はないさって ずっとここにいたかったな やさしい人には微笑みを かなしい日々には口づけを 誰かを乗せた飛行機が 瞬きながら 違う空へ消えていく この夜の先の朝に願いを込めて 祈って 歌う 最後の歌 どこかの誰かのたばこの煙が 都合よく目に沁みて ひとり にじんだ月を眺めている 路地裏の猫にやわらかな夢を 道端の傘にやすらぎを そして 誰かの傷跡が そっと撫でてもらえますように この夜の先の朝に願いを込めて 祈って 歌う 最後の歌 どこかの誰かのたばこの煙が 都合よく目に沁みたことにして ひとり にじんだ月を眺めていた

アーティスト情報

1995/05/27 東京からは離れますが、青春の弔い合戦は終わりません。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or