夢のキャンバス

Drop in Life
73
0
0

歌詞

作詞:髙宮悠太郎

作曲:髙宮悠太郎

何の変哲もない日常を離れて 知らなかった世界に 夢という名を付けた 帰りたくないと思うのは 決して間違いじゃない だけど 帰らなくちゃ だから また来ようと約束した 夢の欠片を 持って帰ろうとして だけど零れてしまって 目の前が霞んで消えた 現実のような夢を見て ぐちゃぐちゃになって 分からなくなって 朝焼けの記憶が 本物なのかすら不安で 目を閉じてしまう それじゃ帰れない 僕1人で見る風景も綺麗だけど 君といる時間を失いたくはない 守りたい 自分だけのイメージは 無限大じゃない だから 怯えたりもする 君は 弱くなんかないんだよ 霞んでいくリアルを 取り戻すため 離さなかったもの繋いで 記憶の筆走らせる 描いてきた物を目の前にして 見えてない未来に臆病になって 夢のような現実を 受け入れられずに その場で足踏みしてるだけ 時間は止まらない 夢のカケラは心の中で 色褪せたって消えないで 確かな光を放ってる 描いてきた物を抱きしめて 見えてない未来に光を差して あの日見た地平線に 大きな旗を立てに行こう 現実のような夢を見て 日々と繋がって回り始めた 夢のような現実を 受け入れられたら目を開け そこに見えるんだ 君の描いていた 夢のキャンバスが

アーティスト情報

東京、横浜で活動 vo>. 髙宮悠太郎/ ba.松島貴人/dr. 西野晴彦

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or