少年の哲学

月と徒花
1,222
16
0

楽曲解説

2020年6月4日から発売する、1st.EPから先行配信します。 新体制初の音源是非色んな人に届いて欲しいです。

歌詞

作詞:冨岡竜之介

作曲:冨岡竜之介

「少年の哲学」 夢を語るにも資格がいる世界で 掲げた手はあなたに向けていた 愛せない日々に呼吸を圧し殺した 進む意味さえ見失い立ち竦んだ 何も為さずに使い捨てられた10代と 望まれぬ日々を惰性で騙してきた 思い描いた未来図なんて 所詮は逃避的妄想で 背負うものも分からずに あの日掴んだ光がずっと 選んだ今日を咲かせるから それだけあればもう充分だろう 朝を待つ日々に愛想を尽かしてた 数え切れない苦悩は尽きないまま 今を見る振りで明日から目を背けた 救われぬ意志を駄作で綴ってきた 僕等が紡いだ言の葉なんて 実りもせずに枯れてくけど 君の声が呼んでいる あの日掴んだ光を持った 選んだ今日が間違いでも 想いの果てまで僕は向かうよ 愛せない過去も 救えない理想も 思い描いた未来図なんて 大人になって褪せてくけど 今の僕を駆り立てる あの日掴んだ光はずっと 選んだ今日を咲かせるから 想いの果てまで僕は向かうよ あの頃観ていただけの世界へ

アーティスト情報

兵庫 男女混声 3ピース ギターロック 読み方 ツキトアダハナ gt.vo冨岡竜之介@tomioka_kujira Ba.choヨシダカホ @ysd_510 Dr.choでぐち @DeguDeguChann

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or