Into the verse(Track by Kway Shush)

Fi-Red
27
1
0

歌詞

作詞:Fi-Red

作曲:Kway Shush

迷い込んだ深いビートの中に 首を振るのが共鳴の証 趣味の類い日々の憂さ晴らし It's burning俺には命と同じ価値 これで食いたいって理由はありがち 自分見失えば全てが台無し クレオパトラの鼻が高くても 俺の決意夢は変えられない 心の奥底覗き込むレンズ 男心くすぐられてくゲーム 積み上げたものをぶっ壊して 全力少年でプロになりてぇ 一人きりのmy houce言えないただいま この歌詞の中身はイケてて当たり前 それが出来なきゃ消え失せるfate 覚えて帰れ俺の名はFi-Red ※h 全てを変えるまでIn to the varse 笑顔に変わるまでIn to the varse 皆のモノになるまでIn to the varse 俺のもとに集まれIn to the varse 始まりは17 In to the varse あの日から永遠に In to the varse 続いていく青春 In to the varse 紡がれるshow case In to the varse 泣きたい時でもstand up ステージの上に立つならwake up 仕方がないさタイムテーブルに 名前ありゃ順番は回ってくるし 苦しい思い美しい思い出も 全てを纏めてマイクから発声 歓声よりも冷たい目と目 合わさなくても30minits エンドゲーム Into the varse,In to the livehouce. Big dream come true.Beatsに脈打つ Kickしてvarse2気持ちだってバウンス peace make mrk.2 火付ける万物 蜘蛛の糸みたく絡まった唾 次々と音を注ぎ込むグラス 永遠の願い込めKick my door. 次の目的地どこまで行こうか 引き出す金なら雀の涙 プレッシャーばっかの世界に泣いた 飯が食えるだけまだマシなんて 音楽で食えないと意味なんて無いんです 自分の事雑魚なんて言うやつらの 言葉をどこの誰が聞きたいんだろ? でもタメ口や根拠ないビッグマウスが ラッパーのデフォと思われたくないんだ 俺は俺君は君人は人でも 俺の君にする為生きる 末代まで流される赤い血 俺が一番濃く美しいって話 自信過剰より謙虚 その姿勢のまま未来にplay ball 誰かに感謝リスペクト思うのは 1+1=2より当たり前な事だ

アーティスト情報

ライブハウスにてライブ活動中ラッパー。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or