Lyric

Luigi
303
2
0

歌詞

作詞:くわはらたかあき

作曲:くわはらたかあき

月の光は明るい未来を 照らしてくれることはないから ただ泡沫 のような希望を 見つけて縋っていくしかない 画面の先見える幸せに手を 伸ばそうとした 駅へと向かう人の群れの中 縫うように歩いた 次の季節に思いを馳せながら 手をポケットに イヤホンから流れるあの歌詞は いつもそばに 誰もが一人なんだと 風に吹かれる度気づくから 貴方のその声で包んで欲しかったな ビルの光がやけに眩しい それぞれ向こうに呼吸がある 知っていたんだ徒花だと それでも縋っていくしかない 誰もが生活体温 持ち生きてること 知らないわけじゃない でも差し出された ビラとティッシュは 受け取らない 赤信号がやけに 長く感じた 2回足踏み 急ぐ理由は特に無いけど 走っていたい 退屈な日々に慣れて 溺れてしまいそうな世界から あの時救ってくれた 笑顔にまた会いたい 都会の高層ビル ガラスに映った 僕の顔はどう? 色々と絶望 したふりしても どこか信じてる 伝えたい事の ほとんどは 伝わらないと知ったよ 貴方の声はもう私のそばにいないのに 誰もが一人なんだと 風に吹かれる度気づくから 貴方のその声で包んで欲しかったな 退屈な日々に慣れて 溺れてしまいそうな世界から あの時救ってくれた 笑顔にまた会いたい 貴方にまた会いたい

アーティスト情報

歌モノギターロックバンド。音楽が大好きです。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or