夏草がせつなく揺れた

DAISUKE YAMADA
24
2
0

歌詞

作詞:DAISUKE YAMADA

作曲:DAISUKE YAMADA

9月のまなざし 溢れる木漏れ日 あの日の微笑み あの夏は夢じゃなかった So please again もう一度逢えたら So take your hand 強く握りしめるだろう 笑ったり泣いたり ありふれた この青春に 若さに任せた 思い出 そのひとつひとつを So take my hand 貴方から私へ So happiness 忘れずにいたいよ 夏草が揺れた せつなく触れた その肌の温もりに包まれ 誰よりも ほら ときめいていた夏でした 別れは突然 降り出した雨のようかな わかったような顔して ものわかりよく 手を離した So please don't leave me 自分に嘘をついて So lonely night 意気地なしで ごめんね 向日葵が咲いた あの場所も今は 色褪せて 淋しさに包まれ 誰もいないから ひっそりと ここで ひとり泣いた 夏草が揺れた せつなく揺れた 秋風に触れた 悲しさで濡れた 涙の粒が 夕陽に包まれ 誰かの風の跡に消えてゆきました 9月のまなざし 溢れる木漏れ日 あの日の微笑み すべてが 煌めいた夏でした

アーティスト情報

切なさの中にも希望が見えるポップスを作っています。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or