…ヒカリ

緩菜(かんな)
15
0
0

楽曲解説

音楽に絶望して空っぽになった主人公が何気なく足を運んだライブハウスで、突然声をかけてきた人がいた。 屈託なく笑い、悲しみを知らない真っ直ぐな瞳。 何なんだろうこの人は。 今の私にはこの人は眩しすぎて見てられない。 そう思い、もう帰ろうとしたら…… -まだまだ音楽は辞めれない。-

歌詞

作詞:緩菜

作曲:緩菜

薄暗いバーカウンター 溶けてく氷 「何飲んでるの?」君が聞くから 甘いピーチの香りが心をくすぐったの ため息をついても聞こえない この騒がしい地下が好き 空っぽの心だけ連れてきた私なのに 隣で名前も知らない 君は誰なの? 相変わらず頬杖ついて目を逸らす 真っ直ぐ夢を語れる君がただ眩しかった… 飲み干したグラスが静かに 薄れてく未来を映す もう帰ろうとしたその瞬間 音が聴こえて 立ち止まる 気づけば氷は溶けて水になってた この心も君に溶かされていくんだ そうだよ君は音に悲しみを託していたんだ 心に注がれてく声を聴いていたい 光の差さない地下で 君が放った 君の才能が羨ましいから まだ辞めたくない

アーティスト情報

謎テンションで希望を絶やさない歌を作って歌ってるシンガーソングライターの緩菜(かんな)です。 2018年1月より活動開始しました。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or