華の遺伝子

CoRE
16
0
0

歌詞

作詞:天枷あげは

作曲:天枷あげは

冬も半ば過ぎて 春の支度をしてる 他の蕾たちは なぜか嬉しそう でも僕自身冬に 取り残されてるから 僕の居場所なんかどこにもないんだ ほんとは咲きたいんだけど 枯れるのが怖いから でも「枯れる時は一緒」だって 言ってくれたから怖くない 春を夢見た 華の遺伝子 きっと桜も舞って なれるだろうか 咲けるだろうか 今日は 明るい 空が晴れている もう雪は溶けて 少し暖かくなって 風が歌っている 明日への希望 だけど僕はもう振り向かない どんなに生きづらくても 隣に君がいる それだけで強く咲ける 大きく咲いた 華の遺伝子 今は日焼けするくらいの 夏の日差しが 僕らを照らす 君も綺麗に 咲いている また冬が来ても 残した遺伝子よ 大きく 強く 咲き誇れ

アーティスト情報

関東で活動している四人組ロックバンドCoREです!

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or