夏影花火

田所けんすけ
257
0
0

楽曲解説

シンガーソングライター田所けんすけが送る夏のバラード。 "暑さが残る夏の終わり、あの日見た打ち上げ花火は今も色褪せないまま心に映し出される" 三本のギターと切なく夏の終わりを感じさせるメロディが輝く一曲。

歌詞

作詞:田所けんすけ

作曲:田所けんすけ

【夏影花火】 夏の夜空埋める この花火は あの日の僕ら映した 誰も知らないこの特等席 今もまだ君のこと愛している 一つ二つ欠けてく心は まるで花火のように 鮮やかに一瞬の光を放ち すぐ闇に消えていく 通り抜ける風 想い出に手を引かれ あの香りも すべてが愛おしい 僕の心埋める 君への想い いつかまた会えるのかな 強がってみせたあの「さよなら」に今もまだ ずっとただ後悔して 側にいても遠く感じた あの頃に戻って 「ごめんね」と一緒に迎えに行って 強く抱きしめて もう離さないよ 夏の夜空埋める この花火は あの日の僕ら映した 誰も知らないこの特等席 今もまだ君のこと愛している 夏の夜空埋める この花火は あの日の僕ら映した 誰も知らないこの特等席 今もまだ君のこと愛している

アーティスト情報

京都出身のアーティスト / ギタリスト。 ギターをピックを使わずに全て指で弾き、変則チューニングやタッピング奏法などのテクニックを駆使したアコースティックの弾き語りスタイルからバンドサウンドまで、幅広いアレンジはまさに圧巻。ソロアーティストとしてライブ活動を中心に、番組テーマ曲などの作曲も手掛ける。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or