フラワー

sound ether
1
1

楽曲解説

2018年の自主制作CD「Watercolor」より。

歌詞

作詞:小川紘史

作曲:小川紘史

君に花束を贈るよ 小さな花瓶を添えて 近づいた夏は 僕らをつないで暮れてゆく どんな退屈な日々も 背中に生えるような 綺麗な言葉とメロディ そして君の声があればいい 種を撒いて笑い合うような 君の日々に僕は寄り添う 時計仕掛けの季節が 色めく予感さ 出会った意味なんか探さないで これから先は長いのだから 洒落た瓶に詰め込んで 忘れた頃に歌になる おどける君は日向の窓 その唇が乾かないよう おはよう おやすみ それさえも歌になる 水を分けて涙するような 君き日々に僕は寄り添う 時計仕掛けの季節が 色めく予感さ 種を撒いて笑い合うような 君の日々に僕は寄り添う どんな悲しい嘘も 忘れた頃に歌になる 風を受けて花開いた 君の香りは真夏のフラワー 近づいた夏は 僕らをつないで 暮れてゆく

アーティスト情報

バンド活動を経て、DTMでの曲作りが趣味になる。 sound ether(サウンド・エーテル)のプロジェクト名で2018年10月、ライブ活動を始める。 2019年10月、アルバム「Watercolor」を自主制作。 2020年6月、サブスクリプションでの毎週1曲発表を開始。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or