一本線

キャストライト
408
3
0

歌詞

作詞:山中 陽太

作曲:山中 陽太

華々しさのない朝にロクでもない日々を見つめる 気の抜けた前車輪とガラスに映るシケた顔に胸が痛む 苦しみばかりに目を向けた日々よ さよなら、もう会わぬように これまでの日々を見つめる 痛いくらいの優しさに 後ろめたくて、それでも選んできた日々の中でもう 居たいより離れられない訳が、増えて、留めて この先の日々に胸を張り過ごせなくなったとしても 捨てきれないこの日々の中 俺たちは見栄張り生き抜くだろう 逃げ出したくなる夜にロクでもない日々を見つめる 幸せより苦しみが目立って見えてしまう頃だ この日々に大切が増えて その度に不安が流れ込んで はち切れそうな日々にも 大切が「幸せ」と名を付けていた 幸せな日々に 後ろめたくて、それでもなにも手放せないなぁ 苦悩葛藤超えて仕合せた日々だ、全てが見えれば 幸せな日々だ、後ろめたくても俺らで守らなきゃなぁ 日々の大切な一本線が消えないように 今日も見栄張り笑っていよう

アーティスト情報

大阪スリーピースロックバンド

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or