春のままで

幾田 りら
14,192
133
5

楽曲解説

3月、別れの季節に書いた曲です。 青春の青い光を残したまま、淡いセピアになってしまう 切ない感情の中で、背中を押す。

歌詞

作詞:幾田りら

作曲:幾田りら

『春のままで』 淡い色で染められていく 青い光を残したまま あたり前にあった面影も 春風の中で溶けていくよ 何度も何度も前を向いて 何度も何度も笑ってみせた いつまでもあなたの中に残るように 今 大きく息をはいて 心しずめても 溢れ出すもの 止めることができない 熱い背中がグラウンドに残した 涙のあとが 光を返して 眩しかった たとえば 静かな廊下 窓越しの日々に 色がついていったこと 君のいなかった世界は どんな色してたんだっけな 何度も何度も心隠して 何度も何度も笑ってみせた いつまでもあなたの中で消えぬように 歌うよ 頼りない愛も 信じていられたんだ そこにいたこと きっと忘れられない 時よ止まれと 願いは叶わないけれど きみの跡が 私の中でまだ 残ってるんだよ 大人になってしまわないで ずっとこのまま手を握っていよう でも 人はみな 同じ道辿って 生きていくんだろう? だってそう習ったろう? いつかこの声が 枯れ果ててしまっても きみの笑顔を きっと忘れないでしょう 熱い背中がグラウンドに残した 涙のあとが 光を返して 離さなかった

アーティスト情報

いくたりら 18歳、ギター弾き語りシンガーソングライター。 中学3年から本格的に活動をスタート。 2015年Sony music主催「SINGIN'JAPAN」ファイナリスト

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or