夢影

Mino
505
3
0

楽曲解説

成人したことに端を発してできた曲です。

歌詞

作詞:Mino

作曲:Mino

日の落ちかけた午後 真っ赤な夕日に伸ばされて 大きくなった自分の影をただ眺めている 小さい頃の夢なんかをふと思い出して 落ちかけた夕日にまだ消えないでと願ってみた ごめんなさいを言わなくちゃな 期待してたあの頃の僕に お前が大切にしてたものはほとんど捨てちまったよ 消えていく影をひたすらに抱きしめて 僕は一つまた一つと好きなものを失って 失ったものたちと引き換えにして ぼやけた輪郭が浮かんだ気がしたよ これでまた明日から生きる理由が見つかった だから大丈夫 って言って笑ってみる 眩しいほどに正直に描いていた空は 見上げられるほど綺麗なものではなかったんだ 一から二十までを数えた僕ではあるけど むしろ増える方はわからないことばかりで ここから先は通しませんと 青白い顔で言わないでくれよ 今更この足を離す気はないさ ぼやけて消えそうな影を連れて これからも 歩いてく 月明かりが照らす足元は暗いままだけど それがどうした 昇った太陽に手をすかす 確かに赤くて安心する 気取ったふりして進んでいこう 付いて来た影は確かに僕のもの

アーティスト情報

ひとりぼっちのオーケストラ。二十歳。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or