笑い話

monoKatsumi
11
1
0

楽曲解説

シンガーソングライターチャレンジ24曲目

歌詞

作詞:monoKatsumi

作曲:monoKatsumi

思い出して振り返って 恥ずかしくなった日もあった 口にすれば笑い話さ 過去は笑って受け入れられるくらいがいい 俯いて蹴っ飛ばした 石っころをなぜか哀れんだりして ちっぽけなもんさ、僕みたいだと 拾いあげて笑い飛ばした君がいた 笑って泣いて、さぁ胸張って 石っころだってひとつじゃないさ 同じように削りあって 君は君だけの一点モノになる 夢中になって、周りが見えなくなって 怒られた、叱られた そんな時だって笑ってしまった あんたらしいと笑ってくれた 笑って泣いて、さぁ胸張って 失敗したって笑い飛ばして 今日という素晴らしい日は きっと自分次第なら笑い声のする方へ 画鋲踏んだって、転げ落ちたって それをみたおじさんに笑われたって 今なら全部笑い話さ 過去は笑って受け入れられるくらいでいい 笑って泣いて、さぁ胸張って 1人じゃ乗り越えられないっていうなら いつだってここにいるよ 苦しみも分け合って笑い話にしよう

アーティスト情報

変幻自在のメロディーと心地よい歌声、 聴く人を支える様な、見守る様な歌詞、 沖縄県出身ロックでポップなシンガーソングライター

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or