下北沢の夕暮れに

THE WIND MAYDAYS
1
0
0

歌詞

作詞:スズキサトシ

作曲:スズキサトシ

下北沢の夕暮れに こ洒落た雑貨屋の前を 君の手を引き横切る 下北沢の夕暮れに 僕の不安定な心が 投影されているように思えた 雑踏の中で ひと際、明るく映る 君の水色のワンピース 焼け落ちる陽さえ 瞳に溶けてうずめく 大きな目を見つめてた 閉塞感は消え去って 降り注ぐ夕立に流れた 思いを押し殺すほどに 思いは募り高まってく ※ 生温い雨を 眺めて話し込む 2人だけの茶色いベンチ オレンジジュース 飲み干した後 何も言わず立ち上がる僕 他人の言葉を借用するだけで 何かを伝えられると思うか? 美しい言葉さえも 湧き出ない僕の無常さよ ※

アーティスト情報

ロックンロールバンド『THE ウインドメーデーズ』。【Gt&Vo:スズキサトシ(@sasa_guiter)/Dr:ペケ】

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or