プリズム

monroe. maro
5
0
0

楽曲解説

プリズム 太陽の好きな夕立ち 雨の線 指走らせ ひとり ひとりで互いを探って 傷ついて塞いで 季節の香りが気持ちを深くする あおぞらまみれの空 蜘蛛の巣が絡まる 臆病者の言葉はのどの奥にとどまり 返答は宙を飛び 雑踏の音に紛れた 透明な光たちは現実をあざ笑い 臆病者は悲観的な願望を求める 楽しげな未来 求めて 暗闇で遊んだけれど かけらを空に透かしてみたら 透明でぼやけていた 誰かに伸ばした手のひら繋いで あなたは曇って海は泣いていた 切りすぎた前髪は知らないひとが拾って 投げかけた疑問符は誰も触れず返ってきた 砂の城を前にして驟雨のため待ちぼうけ どうか溶かしてくれ 立つの通り魔 投げかけた疑問符はいつか仲間を集めて 話に花咲かせて不器用に光るでしょうか ふたつ 時 夢 まぼろし 追いかけた太陽に 思い出を見出すのか バカみたいに つまらなく

歌詞

作詞:maro

作曲:maro

太陽の好きな夕立ち 雨の線 指走らせ ひとり ひとりで互いを探って 傷ついて塞いで 季節の香りが気持ちを深くする あおぞらまみれの空 蜘蛛の巣が絡まる 臆病者の言葉はのどの奥にとどまり 返答は宙を飛び 雑踏の音に紛れた 透明な光たちは現実をあざ笑い 臆病者は悲観的な願望を求める 楽しげな未来 求めて 暗闇で遊んだけれど かけらを空に透かしてみたら 透明でぼやけていた 誰かに伸ばした手のひら繋いで あなたは曇って海は泣いていた 切りすぎた前髪は知らないひとが拾って 投げかけた疑問符は誰も触れず返ってきた 砂の城を前にして驟雨のため待ちぼうけ どうか溶かしてくれ 立つの通り魔 投げかけた疑問符はいつか仲間を集めて 話に花咲かせて不器用に光るでしょうか ふたつ 時 夢 まぼろし 追いかけた太陽に 思い出を見出すのか バカみたいに つまらなく

アーティスト情報

ご視聴ありがとうございます。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or