月夜のロックスター

THE THEATERS
133
4
0

楽曲解説

「月夜のロックスター」 少年時代に憧れたロックスターになりたいという思い。 誰にも言えずに家を抜け出し誰もいない場所で隠れて歌を歌っていた少年時代。 城戸聡と村田新世界の中学二年生魂を振り返り呼び起こす楽曲となっています。

歌詞

作詞:村田新世界、城戸 聡

作曲:村田新世界、城戸 聡

【月夜のロックスター】 街灯のないこの道を 月の明かりを頼りに歩く ため息ついて 空を見上げた 夜は綺麗で 澄みきっていた 誰にも見えてない この場所で 月のライトが僕を照らしている 果てなき彼方の 星屑に向かって 夜のステージで僕は一人唄を歌う 誰かの視線をずっと気にしてた 傷つくことがずっと恐かっただけさ 誰にも見えてない この場所で 夜の星だけが 僕を眺めてた 月夜のロックスター 独りここで 夜の世界に歌を咲かす 果てしなく広がる 一人だけのこのステージで まだ誰にも歌えないこの歌を 夜に撒き散らす

アーティスト情報

インディーズバンドの常識を覆すロックンロール劇場

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or