半分

そよか
1
0

楽曲解説

半月の夜のことや、ある春の日々のことです。

歌詞

作詞:そよか

作曲:そよか

ちょうど半分に割れた月が 星々にささえられ立ってた 夜に浮かんだ土手にはただ 5月の風が吹いていた ジグソーパズルの端っこ その手を強く掴んだ君 わたしがきみの辞書になる きみがわたしの色になる 誰も居ない夜の道ではさ 寝転んで空を見上げたくなる 並んだ鼻の先には無数の星 頭上には逆さまの半月 心の穴を覗いた君 満ちたコップの上に咲いた私 わたしはきみの何になれる きみはわたしの手を引いた 彗星のようにね 急な速度で引き上げて 世界の色塗りってのは こうやるんだよって なんか綺麗な色見せてくれた わたしがきみの辞書になる きみがわたしの色になる 心の幹を同じくして 美しい花を咲かせ合う 遠い距離に意味は無い またそんな夢を見させて

アーティスト情報

1997年生まれ22歳 一生、作詞作曲弾き語り。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or