月のいたずら

アカアメ
73
0
0

楽曲解説

全てを言葉に。 悲しいときは月を見上げて。

歌詞

作詞:さこ。

作曲:さこ。

月が言葉をキャッチして 星にして空に散りばめた 言いたいことは空で光って 言いたいことは空で歌い出す 「何者にもなれない」 「そう悩んで下を見ていないでよ」 「いつだって一人だよ」 「僕だけが知っている、この地球上」 言いたいことは口で歌って 言いたいことは光り出す 立ち尽くして無駄にした時間 止められない価値あるもの もう二度と無駄にしないように なんでもいいからなんとか言ってよ 歌ってよ 「人として生まれた」 「君と出会えたんだ」 「君と息している」 君がくれた星、拾い集めて 言葉にして空に散りばめた

アーティスト情報

2017年1月 Gt.Vo.菜央 Bs.Vo.さこ。 から結成され、二人の歌の掛け合いが聴きどころ。 空間系サウンドで独特の雰囲気を作り出す。 アカメアマガエルはアカアメのシンボル。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or