Fifteen (弾き語り Short Ver.)

原田珠々華
81
7
0

楽曲解説

ライブ会場で販売中のCD-Rに収録されている弾き語り版「Fifteen」のショートバージョン。CD-Rは「Fifteen」と「あなたへ」収録で500円、バンドアレンジバージョンは各配信ストアにて販売中です! https://www.haradasuzuka.com/music

歌詞

作詞:原田珠々華

作曲:原田珠々華

いつもの坂道を 今日も登ってく 通りすがりのお店 窓に写る私と目が合って 不自然に巻いた前髪 背伸びして買ったリップ いつか大人になるのかな いつかってどこなんだろう 今はただ机に向き合い 将来とにらめっこするだけ いつか笑わせてみたいよ 私の明日に 駆け出して 歌って 少し疲れた時には また君に会いたくなるんだろう さよなら 15の私 いつもの坂道を 今日も下ってく もう薄暗いあのお店 さびしそうな顔をしてた 不自然に巻いた前髪 もうすでに崩れてる いつかが分かる頃には 大人になってるんだろう 今ここはただの通過点 将来はまだまだこれから いつか笑って話したいな 私の過去を 駆け出して 歌って 少し疲れた時には また君に会いたくなるんだろう さよなら 15の私 気づいた頃には遅かったり あの夏は帰ってこなかったり それでも 進め 駆け出して 歌った あとの空はやけにきれいで 忘れられなくて今も心のすみで あの時を思い出してる 駆け出して 歌って 少し疲れた時には また君に会いに行ってもいいかな さよなら 15の私

アーティスト情報

◇「原田珠々華 ワンマンライブ2019 ~夏期集中講座~」開催! 2019年8月12日(祝月)  開場16:15/開演17:00 東京・渋谷WWW 詳細はHPで! 2002年神奈川県生まれ。16歳。高校1年生。 幼少期よりモデル・タレントとしての活動をスタートし、2016年中学2年生の時にアイドルグループ、アイドルネッサンスに加入。2018年2月のグループ解散まで多くのステージで活躍。グループ活動時よりギターに目覚め、SNSでカバー曲の弾き語り映像を発信し続ける一方、ソングライティングを開始。叙情性を感じさせる伸びやかな歌声で、日常にある些細な経験や、等身大にある気持ちをまっすぐな言葉で伝える。 アイドルもシンガーソングライターも網羅する活動を目指し、2018年夏ソロシンガーとしてギターを携えステージに登場。 2018年11月、ロックバンドThe Cigavettesの元メンバーで、現在はくるりや銀杏BOYZのサポートギタリストとして活躍している山本幹宗を音楽プロデューサーとして迎えて制作されたデビュー曲「Fifteen」をデジタルリリース。 Zepp DiverCityにて開催された「タワーレコード新宿店20周年祭 LIVE ~FUTURE OF BASIC~」にて、くるり、ハンバート ハンバートのオープニングアクトとしてイベント出演。 2018年12月には初のワンマンライブを東京・渋谷WWW(BAND SET)、下北沢GARDEN(Acoustic Set)にて開催された。 「Fifteen」「Moon Light」「プレイリスト」3作のデジタルリリースを経て、2019年4月1st Mini Album『はじめての青』をリリースした。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or