揺れ動くまで

おおたりお(Rio)
2,773
16
0

歌詞

作詞:おおたりお

作曲:おおたりお

目を擦る朝 目眩がした 滑り込んでしまった夢の外側 僕が居た空 何処へ消えた 十五秒で薄れた夢の世界 月のような星が 肩を並べている 怖くなった僕は 屋根を探していた 何処へも行かないで 憶えていて 忘れてしまうから 此処にいてよ また月が昇るまで 憶えていて 続きを見させて 変わらないで 繰り返しても 変わってゆく 出口は無いけど 起き上がれない 昨日まで此処に居たあの子供は 五秒で気付いて もう此処にいない 月のような星が 肩を並べている 流れてゆく夜は 朝を探していた 形を変えないで 残していて 忘れてごめんね さよならしよう また月が昇るまで 隠れていて 脳裏に焼きつく 夢を見せて 何処へも行かないで 忘れてごめんね

アーティスト情報

18歳 、高校生シンガーソングライター。静岡県内のイベントやライブでギターの弾き語りをしています。 YUIとサカナクションが好きです。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or