4号線

Ori
13
0
0

歌詞

作詞:Ori

作曲:Ori

夜を埋めて行く浅い夢から 寂しさだけを掬い取っていく夜明け 怖いものなんて何もないと思って走り抜けていく4号線 暗い夜道を照らすライト 時間だけを増やす週末の渋滞 遠いところまで連れて行って  信号待ちの横顔に見える何か 見たことのないものを見せて 帰り道なんて知らない 愛しているなんて言えないで 私はずっとずっと空に漂っている 会いたいなんて言えないで 私はすっとすっと風に吸い込まれていく 惰性でできた長い時間 今の私を形作る脆い影 遠いところまで連れて行って 誰でもいいわけじゃないって信じて 言葉にできない私を許して 手のひらだけが焼けていく 愛しているなんて言えないで 私はずっとずっと空に漂っている 会いたいなんて言えないで 私はすっとすっと風に吸い込まれ 眠りに落ちていくの 私たちはもう何度繰り返しただろう 心を隠すように光の参列  二人を乗せていく4号線

アーティスト情報

◉読み方”オリ”◉シンガーソングライター◉ポトレモデル 1st mini album「Ether(エーテル)」発売中!Instagram: https://t.co/oLJt28G2mQ YouTube: https://t.co/zcgguhXC8z

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or