錆びたピアス

monoKatsumi
3
1
0

楽曲解説

シンガーソングライターチャレンジ15曲目

歌詞

作詞:monoKatsumi

作曲:monoKatsumi

せめて晴れた日なら僕も前を向けただろう よりにもよってこんな日じゃなくてもいいじゃない 頼まれたってもう、戻らないけど 記憶は流れて溢れでるばかり 寂しくて、今日も止まない雨 僕を濡らして 愛しくて、いつか会えるならと また手を振った 君はもう遠く あれは確かこんな雨の日の誰もいない公園で 僕があげたピアスを失くした君が 雨に濡れて、声を上げて 子供のように泣いてたっけな 嬉しくて、僕は笑った君の気持ちが 愛しくて、見つからなくたっていいと 手を握った 君と傘の中 あの日の公園に僕は一人きり 心に整理をつけたくて 傘もささずにブランコに揺られながら 君が失くしたピアスを探していた 寂しくて、今日も止まない雨 僕を濡らして 愛しくて、いつか会えるようにと そっと目をつぶった 錆びたピアスを片手に

アーティスト情報

変幻自在のメロディーと心地よい歌声、 聴く人を支える様な、見守る様な歌詞、 沖縄県出身ロックでポップなシンガーソングライター

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or