メランコリックボーイ

ChroniCloop
88
2
0

歌詞

作詞:瀬崎 裕太

作曲:瀬崎 裕太

メランコリックボーイ 継ぎ接ぎだらけそんな日々だった 不意に訪れたたまのラッキーは そっと漬け込んで繰り返す 「これでもう大丈夫さ」 間違っても信じた馬鹿だった これで完璧それが口癖の 彼が見つけたものは全て 「空っぽの幸せ」だったのだ ドロドロの愚痴を呑み込んでいた ごめんなさいもうこれ以上飲めません 身体中巡って酔っ払った 呪われてるみたいに 誰かを助けた気がしていた だからこれで十分だったのだ 自分のこと後回しにして これがきっと幸せ 飽きもしないの?まだ解らないの? そりゃもうただの笑う屍だよ 君の本当の幸せは何処にあるの? そう言われても困った顔をするだけ 本音は何処に仕舞ったのか忘れた 痛みさえも鈍り始めていた 心は悲鳴を上げてる 耳を澄ませてあげてよ モノクロになった彼の生活に 楽しいことなど何にも無かった 歩き回っては呟いた 「僕は今何処に?」 飽きもしないの?まだ解らないの? そりゃもうただの笑う屍だよ 君の本当の幸せは何処にあるの? そう言われても困った顔をするだけ ねぇ見つかった? ちゃんと探してみてよ 君も知らない本当の幸せなこと 気付かないだけでそばに溢れてるよ? ちゃんと向き合おうぜ いつまでも続く長い道を 君は君自身で色を付けていけよ 昨日より笑えたなら素敵なこと ささやかな光を 君に幸あれ 大きな声を出して 大きな声に出して さぁ前を向いて ちゃんと叫んでやるんだ

アーティスト情報

<ChroniCloop are…> [ Vo.Gt. ] 瀬崎裕太 YUTA SEZAKI (ヒダリキキ少年) [ Gt. Key. ] 谷藤希隆 KIRYU TANIFUJI [ Dr. ] 吉成直輝 NAOKI YOSHINARI from Tokyo。毒を吐き、愛をうたう。メロウ×サイケなエレクトロ・ロックバンド。 US/UKのインディーロックを基調とし、オルタナティブ、フォーク、HIP-HOP、R&Bなどを横断した新感覚なミクスチャー・ダンスミュージック。 2017年9月、自主レーベルCLOCK TOWN RECORDSより初の流通盤となるミニアルバム「パレード」をタワーレコード新宿店・梅田NU茶屋町店・吉祥寺店限定でリリース。 2018年に2作の配信シングル「Earth Bound」、vivid undressのヴォーカルkiilaをフィーチャリングした「悲しみにさよなら」をリリース。 同年、“JOIN ALIVE”のオープニング・アクトに抜擢されキャリア初の夏フェスに出演する。 2019年3月diskunion内レーベルDOBEATUからフルアルバム「in Rainbows」をdiskunionとタワーレコードの一部店舗限定でリリースした。 2019年7月〜2020年6月の12ヵ月間に渡る12曲の配信シングルリリース企画を完走させる。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or