Jack the ripper vs  refrigerator man

bloodless the war
10
0
0

楽曲解説

ビートルズ アビーロード メドレーにも通ずる第5編からなる超大作!

歌詞

作詞:K-D2

作曲:K-D2

Chapter Ⅰ The eyes of a frightened You go t ta slow it down You g o t ta be calm an acceptance of yourself warts and all I think I've got a crush I remember your smile I think I've got feeling just like a suffering child Chapter Ⅱ Jack the ripper 『make it bounce a little』 Jack standing in front the mirror odd man appears in the mirrors He said ‘’it will be better to obey ‘’ and t h a n he repeated tomorrow noon on third avenue woman dressed in red clothes to pass each other the road try to keep think woman in view go on behind the woman hold your breath and wait a little more To draw a knife in one movement slit the woman throat Take blood so that a whole body becomes bright red the moment when a woman died I will be r e be a red to ripper the jack Chapter 3 Drink me 『Let me here you』 “Drink me” “Eat me” “Drink up” “Trust me” Bring it on The 're a revolutionary gather Go one's one way wake one's name in the world Chapter 4 Tokyo lullaby 東京ララバイ 東京ララバイ 超高層ビルのskyscraper 東京ララバイ 東京ララバイ 君のopinion 聞かせてよ lazy 育児放棄 ネグレスト 我が子可愛さ余りのモンスターペアレント 男が四六時中やりたがるように 女はスキャンダルに夢中になって 話は逸れるけど ここ最近の僕らなんか上手くいってないよな もっと左脳で 考 え な き ゃ な 目下に広がる摩天楼がcry out シャンプーハットからの卒業 君のボンレスハム食べたい Delicious Chapter 5 Waking up to sleep My husband looked very tired and he was sleeping like the dead So, good night, with lullaby I can remember what my dream was, but it was sad I cried when woke up Do you dream? I often dream It is a long  journey ,though a country that is sometimes pleasant and sometimes dark and terrible As we were singing song, We climbed to the top Blood less the war 2018 new song (demo)

アーティスト情報

2018年2月結成、4月より本格的な活動をスタートと同時にZepp Nagoya公演他全36本の全国ツアーを2019年3月まで36本を完走。1964が2018年ラジオNIKKEI おとなのバンドで大賞にて優秀賞を受賞。無名でありながら独自の音楽性が認められ日露の親善大使としてロシアツアーに招待され5月からロシアツアーをスタート Formed in spring 2018, Bloodlessthewar spent its first year doing a 36 venue tour around Japan ending in March, 2019. They received an “Adult band” award from Radio NIKKEI for their song “1964.” Unlike other Japanese bands that play a lot of live clubs, they are a band that is flexible enough to play jazz festivals, rock festivals, international festivals and other events that cover several types of music styles. They start another Japan Tour with a performance at Biwako Jazz festival in the Kansai area on April 29, and will also have their first opportunity to play in Russia this May, doing two performances in the city of Ulyanovsk

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or